ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 保健福祉学部(~2020年度)

本文

保健福祉学部

学科

看護看護学科

生涯にわたる健康ライフを、豊かな人間性と看護技術で支える。


理学療法学科理学療法学科

社会復帰の喜びを、科学的理論と熱意でサポートする。


作業作業療法学科

クライアントの望みを、作業を通じてバックアップする。


   コミュニケーション障害学科

コミュニケーションと社会参加、その喜びを知性と熱意で支援する。

人福人間福祉学科

ソーシャルワークによる人間福祉で、人々が望む自己実現を支援する。


学部長あいさつ

保健福祉学部  学部長  伊集院 睦雄

保健福祉学部がある三原キャンパスは,広島県のほぼ山陽沿岸の中央に位置し,瀬戸内海の温暖な気候に恵まれた三原市にあります。この海と山に囲まれた豊かな環境の中で,医療?保健?福祉の分野におけるプロフェッショナルを育成し,毎年,広島県および全国に,看護師,保健師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,社会福祉士,精神保健福祉士といった国家資格を持った専門職職業人を輩出しています。

2021年(欧洲杯预选赛_新浪体育-【官方授权网站】@3年),保健福祉学部は,1つの学科の中に看護学コース,理学療法学コース,作業療法学コース,コミュニケーション障害学コース,人間福祉学コースの5コースを擁する学部へと生まれ変わりました。この目的は,地域が抱える医療?保健?福祉の問題を俯瞰的に捉え,主体的に対応策を考え実行していくことのできる次世代型保健医療福祉人材を養成することにあります。これにより,従来の専門職養成プログラムの提供に加え,多職種との連携を重視したチーム医療を学修する最適なプログラムを提供でき,さらに実践の場として附属診療センターを併設していることが本学部の最大の特色です。この特色を生かし,本学部は,地域包括ケアシステムに柔軟に対応できる人材,そこでリーダーシップを発揮し将来を担うことができる人材の養成を目指しています。

さらに本学部は,助産学専攻科,および大学院総合学術研究科との連携により,より高度な保健福祉サービスの課題にも積極的に取り組んでいます。それぞれのユニットでは,エビデンス(科学的根拠)に裏付けられた確かな医療?保健?福祉を提供し,それぞれの分野の発展に貢献できる高度専門職業人,教育者,研究者を育成しています。

こうした特色を持った本学部で,医療?保健?福祉のプロフェッショナルを目指そうという若い方を,三原キャンパスは大いに歓迎いたします。保健福祉学部に入学される皆さんが,本学の提供する環境や資源を最大限に活用して主体的に学修ができるよう,教職員一同,これからも一丸となって取り組んでまいりますので,どうぞよろしくお願いいたします。